イベント

開催日:2017年03月17日
平成28年度私立大学研究ブランディング事業成果報告会(3/17開催)

2017年3月17日(金) 文部科学省 私立大学研究ブランディング事業(平成28年度) 「巨大都市・複合災害に対する建築・情報学融合による エリア防災活動支援技術の開発と社会実装」 工学院大学 総合研究所 都市減災研究センター(UDM)成果報告会を開催します。
日時:2017年3月17日(金) 15〜18時
場所:工学院大学新宿校舎3階アーバンテックホール

第1部 平成28年度ブランディング事業成果報告(15〜17時)

  • あいさつ
    佐藤光史(工学院大学 学長)
  • 「巨大都市・複合災害に対する建築・情報学融合によるエリア防災活動支援技術の開発と社会実装」の事業概要
    久田嘉章(工学院大学建築学部 教授・総合研究所 都市減災研究センター長)
  • 研究テーマの概要と成果報告
  • テーマ1「大都市中心エリアを対象としたオールハザード対応キットの開発」
    村上正浩(工学院大学建築学部 教授・テーマ1リーダー)
    福田一帆(工学院大学情報学部 准教授・テーマ1サブリーダー)
  • テーマ2「機能継続・早期復旧を可能とする大地震対策建築モデルの開発」
    山下哲郎(工学院大学建築学部 教授・テーマ2リーダー)
    田村雅紀(工学院大学建築学部 教授・テーマ2サブリーダー)
  • テーマ3「エリア防災拠点をつなぐ自立移動式災害対応支援ユニットの開発」
    中島裕輔(工学院大学建築学部 教授・テーマ3リーダー)
    水野 修(工学院大学情報学部 教授・テーマ3サブリーダー)
  • 質疑・議論(16:35〜17:00:25分間)

第2部 招待講演会(17〜18時)

  • 「高性能計算を利用する大規模数値解析手法と都市モデル構築手法の研究開発」
    堀 宗朗 先生(東京大学地震研究所 巨大地震津波災害予測研究センター長・教授)
  • 「3次元GISを基盤とした多分野・多主体協働の都市デザイン・マネジメント研究の試み」
    佐土原 聡 先生(横浜国立大学 大学院都市イノベーション研究院 教授)
終了後、交流会を予定

画像クリックでPDFでご覧いただけます


【報道関係者対象】ご参加申し込み

以下の申込先に必要事項を明記のうえお申し込み下さい。
また、別途個別取材をご要望の際もこちらよりお申し込み下さい。

申込先 gakuen_koho@sc.kogakuin.ac.jp 締切:2017年3月16日(木)
必要事項 貴社名:
貴媒体名:
貴部署名:
ご芳名:
ご同行人数:※ご本人以外 人
ご連絡先:
 TEL/
 当日連絡先/
 e-mail/
通信欄:

※ご記入いただいた内容は、本学からの各種ご案内に限り使用し、厳重に保管・管理・廃棄いたします。

関連リンク

工辞苑 工学院を知るためのキーワード