施設情報学習支援センター

学生の声

センターを利用した皆さんの声です!

個別指導や基礎講座を利用して勉強した学生の皆さんから、たくさんのうれしい感想をいただきました。

いただいた感想の中から、主なものを紹介します。

皆さんの「わかった!ありがとう!」という声が、センター講師全員の励みになります。これからも、個別指導と基礎講座をどんどん利用してください。

数学

■ AMさん(工・機械系)
学習支援センターは、個別・グループでの相談が可能です。そのため、やる気次第ではいくらでも自分を向上させることができます。まさに自分が良い例です。どの教科をとっても基礎が不安であった私は、学習支援センターで質問を重ねることにより基礎を固め、応用問題などにも挑戦できるようになりました。学習支援センターがなければ、今の私はいないかもしれませんね!!
■ SMさん(工・機械系)
講義のときのモヤモヤ感を解消するために利用しています。レポート、宿題も手伝ってくれる。自分の勉強するスタイルが変わった。悩まず、すぐ相談、すぐ解決するようにしています。
■ IAさん(工・化学系)
私は、ほぼ毎週のように学習支援センターを利用しています。高校時代、化学・物理の授業を1年間しか履修していなかったので、講義の内容についていけるか不安でした。講義が始まると、自分の予想通り理解できず、つまずきました。そこで、すぐに学習支援センターを訪ねました。先生たちが丁寧に分かりやすく教えてくれました。また、基礎講座も受講して、基本事項を一から教えてくれたので、理解することができました。試験対策もしてくれるので、助かっています。
講義の内容が分からなかったときや、試験が近くなってきたときは、学習支援センターを訪ねることをオススメします。基礎から応用まで、理解を深めることができるはずです。
■ IOさん(工・化学系)
丁寧に教えてくれてとても分かりやすく、また予約もできるので利用しやすい。
■ HYさん(工・化学系)
授業で理解できなかったことを分かりやすく簡単に説明してもらえた事が良かった。
大学と高校との大きな違いは、1回の講義に詰まっている量が全く違う。高校の1回の授業を「1」と考えると、大学の1回の講義は「5」くらい詰まっているように感じた。大学では、1回の遅刻や欠席が命取りになることがあるので、講義には基本的にしっかりと出席することが大切だと思います。また、勉強に苦手意識がある人には、しっかりとその日受けた講義の復習をすることがとても大事だと思います。そこで分からない事があったら、学習支援センターを使用するのがBestだと思います。
■ NKさん(工・電気系)
大学の授業は進むペースが速い。そのため、分からないところを放っておいてしまうと、また次に分からないところが出たり、応用が解けなくなって、授業について行けなくなってしまう。そのようなことが起きないように、学習支援センターがある。ここでは、講師が丁寧に教えてくれ、どんなに基礎からでも質問しやすい。
講師も複数いるため、自分にあった人に教えてもらうことも可能。一度行ってみて先生が合わないので行くのを止めるといったことではダメ。自分に合った講師を見付け、大学の勉強をより良いものにしよう。
■ SSさん(情報)
私の場合、大学入学当初から大学院への進学を考えていたのですが、英語は苦手で独学で勉強しても能率が悪いと思い、早い段階から学習支援センターを利用し始めました。ここでは、他の学生と足並みを揃える必要も無いため、自分の分からないところを重点的に見てもらえ、学習の目的に応じて基礎から応用まで細かく指導して頂けます。また、単位のためにと無理をする必要もないので、負担になることもありません。自分に最適のペースで学習計画を立ててもらえるため、毎回充実した内容の学習が出来、力が付いていくことが実感できます。
■ WMさん(情報)
私は英語がとても不安でした。そこで学習支援センターを利用することにしました。先生は、そんな私に合ったカリキュラムを用意してくれ、理解するまで教えてくれました。そのおかげで、今まで全然できなかった、英文の翻訳もできるようになりました。
■ KHさん(グローバル)
家で勉強に手が付かなかったとき、試験前に焦ったとき、いつもとは違う場所で勉強したいときなど、学習支援センターを利用する理由はいっぱいあるけれど、学習支援センターに足を運ぶと自然とやる気のスイッチが入る不思議な空間です。同じ教科でもたくさんの先生がおられるので、その中から自分と相性の良い先生をみつけて指名するのも楽しみのひとつです(笑)。
最初は利用するのをためらったり、勇気が必要かもしれないけれど、友達と一緒に利用することもできるので、オススメです。
お問合せ 工学院大学 学習支援センター(受付)
TEL:042-628-4871