機械工学専攻

リサイクル工学研究室

八王子キャンパス

環境低負荷型リサイクル・エネルギー技術の開発

主な研究テーマ

  • 熱分解反応によるバイオマス燃料化
  • 電磁波を利用した資源回収・無害化技術
  • 吸着ヒートポンプにおける伝熱促進 など

キーワード

熱分解ガス化・液化 /高周波誘導加熱 / 熱駆動型空調 / 低環境負荷型ディーゼル

指導教員

小林 潤 准教授

研究内容紹介

再生可能エネルギー利用やマテリアルリサイクルにおいて、熱を利用した技術はこれらプロセスの複合化・高効率化を図るうえで極めて重要な位置を占めると考えられます。また、現状のエネルギー利用においても、エネルギーのカスケード利用による高効率化などの熱エネルギー有効利用技術は、エネルギー・環境分野の課題解決に大きく貢献すると考えられます。本研究室では、特に熱を利用した技術に着目し、バイオマスから液体・気体燃料を生成するための技術や高度リサイクル技術の開発を行っています。

工学院大学の情報を探す FIND INFORMATION