化学応用学専攻

環境分析化学研究室

八王子キャンパス

ミジンコによる毒性評価など、環境保全に役立つ分析法を確立

主な研究テーマ

  • セシウムイオンの粘土物質への吸脱着機構
  • 界面活性剤を簡易に分析する方法の開発
  • ミジンコを用いた毒性評価の研究法 など

キーワード

バイオアッセイ / 環境汚染 / 簡易分析法

指導教員

釜谷 美則 准教授

研究内容紹介

世の中に存在する、さまざまな化学物質や環境汚染成分を分析する方法の開発や改良に取り組んでいます。このような研究を進めることで、より簡単に、より迅速に、より低コストで分析できるようになり、さまざまな物質の品質管理や環境保全に貢献できるようになります。また、水環境を守るために、地域の住民とともに水質調査を行ったり、水質の生態系への影響を判断するため、ミジンコが餌を食べる速度などから毒性を評価するといった研究なども進めています。

工学院大学の情報を探す FIND INFORMATION