建築学専攻

阿部研究室

八王子キャンパス

枯渇する貴重な材料を長持ちさせる

主な研究テーマ

  • 建築材料の品質評価
  • 副産物・廃棄物の有効利用
  • 鉄筋コンクリートの耐久設計 など

キーワード

コンクリート/長寿命/副産物・廃棄物

指導教員

阿部 道彦 教授

研究内容紹介

建築物に不可欠な素材、コンクリートは水、セメントおよび砂利や砂などの骨材などを混ぜ合わせてできています。国内で消費している資源全体の4分の1は、コンクリートに用いられる骨材です。近年この骨材が枯渇し、副産物・廃棄物を原料とした骨材などが使われるようになってきました。そこで、そのような骨材を適切に評価し、長持ちする建物をいかにつくり、いかにリサイクルするのかを研究しています。この研究は、耐久性のある建物の設計方法や、リサイクルしやすい建築材料の開発など、循環型社会をつくるためのさまざまな研究に発展します。

工学院大学の情報を探す FIND INFORMATION