情報学専攻

音情報処理研究室

新宿キャンパス

快適で便利なくらしのために音を知り、デザインし、活用する

主な研究テーマ

  • 音声情報処理
  • 音楽、楽器音の研究
  • ヒューマンインタフェースの研究 など

キーワード

音声認識・音声合成 / 高齢者支援 / コミュニケーション支援

指導教員

管村 昇 教授

研究内容紹介

音は、人々のくらしと密接に関わる、切っても切れない重要なメディアです。人は普段、音声でコミュニケーションしますし、音楽も日常生活に欠かせないもの。音情報は、生活のさまざまなところで使われています。誰もが快適で便利な生活を送るために、音をデザインしたり、音を利用したインタフェースの研究は、とても重要なのです。音声認識や音声合成技術は少しずつ進化し、世の中で使われ始めていますが、音については、まだまだわからないことがたくさんあります。音を知り、音を活用する研究は今後、とても重要になってくる領域です。

工学院大学の情報を探す FIND INFORMATION