情報学専攻

映像情報研究室

新宿キャンパス

よりキレイに精密に究極の映像表現をめざす

主な研究テーマ

  • コンピュータによる映像処理
  • 超解像
  • 電子透かし
  • コンテンツセキュリティ など

キーワード

ハイビジョン / ディジタル信号処理 / コンテンツ

指導教員

合志 清一 教授

非線形処理による新しい画質改善技術
(左)従来処理(右)研究中の画質改善手法

研究内容紹介

コンピュータをはじめとするディジタル技術の進歩により、CG、画像合成、特殊効果は身近な存在となりました。高解像度映像はハイビジョン、4Kテレビは実用化し、時代はスーパーハイビジョンへと進んでいます。高解像度化により、今までは認識不可能であった精細感も表現可能となってきます。本研究室では映像を幅広く研究し、究極の映像表現をめざします。

工学院大学の情報を探す FIND INFORMATION