工学院大学とはハイブリッド留学®

平成27年度「大学教育再生加速プログラム(AP)」採択

テーマIV「長期学外学修プログラム(ギャップイヤー)」・「ハイブリッド留学」プログラム

工学院大学が独自に開発した日本初の留学プログラム「ハイブリッド留学」の取り組みが「大学教育再生加速プログラム(AP)」 テーマIV「長期学外学修プログラム(ギャップイヤー)」に採択されました。 テーマIVは、ギャップイヤーを活用し、課題発見・探求能力、実行力等、社会人として必要な能力を大学において養成するための優れた取り組みを、文部科学省が補助事業として選定するものです。

■ハイブリッド留学とは・・・


「まず語学の修得から」というこれまでの留学スタイルから脱却し、留学のハードルを下げ「まず海を渡る」ことを最優先させたプログラムです。海外の「現場」で、「数多く」の、「様々」な経験を積んでいくことにより、Engineer, Scientist, Architectとして必要な海外での経験値を上げながら、英語やグローバルな思考が自然と身につき、かつ、帰国後の学修のモチベーション向上に繋がるよう開発しました。

ハイブリッド留学

■大学教育再生加速プログラム(AP)採択でさらに充実したプログラムに・・・

留学を希望する学生が自らの学力および社会人基礎力を踏まえて、主体的な共同学修経験を積むことで、より大きな飛躍を目指すとともに、本学が学位授与方針に定める5つの能力のうち特に「汎用的問題解決力」「道徳的態度と社会性」「創成能力」を引き上げるため、留学プログラムの強化と規模の拡大を図ります。 加えて、「キャンパス内に外国をもってきてしまおう」という発想でつくられた「キャンパス・アテンディング・プログラム(CAP)」との連携を強化し、ハイブリッド留学プログラム参加者を中心に、学生と留学生の交流を活発化し、大学全体のグローバル化を推進していきます。

大学教育再生加速プログラム(AP)とは・・・

▲「大学教育再生加速プログラム」ロゴマーク

▲「大学教育再生加速プログラム」ロゴマーク

国として進めるべき大学教育改革を一層推進するため、教育再生実行会議等で示された方向性に合致した先進的な取組を実施する大学を支援することを目的としたプログラム。

文部科学省ホームページ:大学教育再生加速プログラム

平成27年度「大学教育再生加速プログラム(AP)」申請状況

ギャップイヤーとは・・・
入学前の他、在学中、就職前など多様な時期に、一定期間、留学やインターンシップ等の 体験活動を行う仕組み。

※『ハイブリッド留学』『HYBRID留学』は工学院大学の登録商標です。

工学院大学の「ハイブリッド留学」が文部科学省の「大学教育再生加速プログラム(AP)」に採択

工辞苑 工学院を知るためのキーワード