大学院への進学

専門分野をさらに深く究め、未来の可能性を広げる

工科系学生は、大学院に進学し専門分野を追究、掘り下げていく選択をすることで、将来の道が大きく開けていきます。例えば「将来、メーカーなどで研究や開発の仕事に就くことが可能となること」「将来、更なるステップアップとして就職・・進学両面において世界に出て行くことが可能となること」などです。工学系の修士卒という経歴が、一般的に就職活動において不利になることはなく、逆にアドバンテージを生み出すことが多くあります。
工学院大学大学院工学研究科は、学部での教育を基盤とした6つの専攻(機械工学専攻、化学応用学専攻、電気・電子工学専攻、情報学専攻、建築学専攻、システムデザイン専攻)があり、広い領域の各種専門分野にわたる教授陣を揃え、536名(2019年4月現在)の学生が学んでおります。
大学院 工学研究科について

大学院進学率(二部・修士除く)

2019年度 21.3%
2018年度 20.2%
2017年度 19.7%
2016年度 21.0%

本学以外の大学院進学先(一例)

茨城大学大学院 熊本大学大学院
埼玉大学大学院
静岡県立大学大学院
信州大学大学院 総合研究大学院
千葉大学大学院 筑波大学大学院
電気通信大学大学院
東京工業大学大学院
東京都立大学大学院
東京農工大学大学院
東北大学大学院
東京理科大学大学院
奈良先端科学技術大学院
北陸先端科学技術大学院

就職・キャリア

就職支援センター

就職実績

在学生の皆さま

採用担当者の皆さま

ご父母・受験生・卒業生の皆さま