• Home
  • 2019年度のお知らせ
  • 情報通信工学科卒業生が電子情報通信学会情報ネットワーク研究会より第5回情報ネットワーク若手研究奨励賞を受賞

情報通信工学科卒業生が電子情報通信学会情報ネットワーク研究会より第5回情報ネットワーク若手研究奨励賞を受賞

2020/03/17

2019年3月5日に沖縄県宜野湾市沖縄コンベンションセンターで開催された電子情報通信学会情報ネットワーク研究会において工学部情報通信工学科を2019年3月に卒業した小板橋由誉さん(コミュニケーションサービスシステム研究室・水野修教授)が発表した研究が、第5回情報ネットワーク若手研究奨励賞に選ばれました。
研究題目:Delay Tolerant Netwaorkingにおけるバッテリ残量に基づく送信制御方式

この賞は、電気情報通信学会情報ネットワーク研究会において、毎年1月~12月に発表された論文の中から、特に優秀であり今後の活躍が期待される若手研究者(満32歳以下)を表彰するものです。小板橋由誉さんが発表された論文では、Delay Tolerant Networkingのデータ転送の制御方式に関するもので、端末のバッテリ残量に着目した制御アルゴリズムを提案し、その有効性をシミュレーションにより示しました。

電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会(表彰者について)
コミュニケーションサービスシステム研究室
情報学部
情報学部の活動・実績